健康

【若返りの法則!】それは苦痛と回復のサイクルだ!

スポンサーリンク

みななんこんにちは!

さて、

今日はアンチエイジングのお話です。

アンチエイジングとは字のとおり

”年を取らない”

ということです。

この領域は最近かなり発展をとげています。

で、若返りのいろんな方法には

共通していることがあるのがわかりました。

それは

苦痛と回復のサイクルです!

詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

若返りのテクニック:苦痛と回復のサイクル

「私を滅ぼすに至らないすべてのことが、わたしを強くする」

ドイツの哲学者のニーチェが、

人間がもつ回復力のメカニズムを

端的に表現したものです。

わかりやすい例えは運動でしょう。

運動している人はしていない人に比べて

若々しいというのは

なんとなく想像がつくでしょう。

実際、

1日15分ほどの激しい運動は

心疾患での死亡率を45%も減少し、

全死亡率を50%も減少します。

仮に死亡率が減ったからといって

別にそれが若々しさと関係なくないか?

と思うかもしれません。

しかし、

周囲から若く見られる人ほど

生存率が高い傾向にある。

といった研究があります。

また、日本でも

肌にシワやシミが少ない見た目が若い女性は

内臓脂肪が少なく、

動脈硬化のリスクも

低かったと報告されています。

苦痛はその後に体を回復させ、そして若返るのです。

しかし、

苦痛といっても

適度な苦痛でなければいけません。

【スーパーエイジャー!】若くいたいならとにかく挑戦しろ!年をとっても見た目が若く、脳の機能も保たれている人のことを「スーパーエイジャ−」といいます。彼らは常に挑戦し適度なストレスを味わっています。適度なストレスは若返り効果があります。しかし、人間関係や人生に対しての不安などといった持続的なストレスは老化の原因となります。いろんなことに挑戦しホルミシス効果を得て若返りましょう!...
スポンサーリンク

ホルミシスとは?

「すべての物質は、少量であれば刺激し、適量であれば抑制し、多量であれば殺傷する」

これは1888年にドイツの科学者ヒューゴ・シュルツが導き出した理論です。

例えば、適度な心理的ストレスは認知力、注意力をあげます。

しかし、過剰なストレスはうつ病やPTSDといった精神疾患の原因となります。

すべてのものは適量であれば有益なのです。

ホルミシスについて詳しくはこちらの記事を↓↓

【ホルミシス!?】健康になりたきゃ毒を食え!体にとって悪いものは実は少量であれば有益になることがあります。このことをホルミシスといいます。ポリフェノールは体にとって毒となりAMPKを活性化します。AMPKは細胞レベルで若返り効果があります。さあ、今日からAMPKを活性化させていきましょう!...
スポンサーリンク

おすすめホルミシス3選!

要するに、

適度なストレスを与えてやればわけです。

そこでわたしが特におすすめする

ホルミシスを3つ紹介します。

<①サウナ>

まず1つ目はサウナです!

これは是非とも取り入れてほしいホルミシスです。

サウナといっても手順があります。

サウナ→水風呂→外気浴を最低3セット

これを行うことで

様々なメリットが得られます。

まず、熱、寒冷刺激が

適度なストレスとなります。

そして、外気浴を行うことで

緊張状態からリラックス状態となることで

自律神経が活発に働きます。

アンチエイジングだけでなく

精神安定効果、免疫力増強、動脈硬化予防など

様々なメリットがあります。

できれば週1回1時間程度いければ理想です。

<②ポリフェノール>

実はポリフェノールは

人体にとっては弱毒なんです。

植物は敵から食べられないように

自ら毒を作って身を守ります。

人間がポリフェノールを摂取すると

弱毒として働き

体内に軽度の炎症を起こします。

その炎症に反応して

抑制システムが活発に働き、

結果として肉体が若返ります。

ポリフェノールは

毎日摂取したい所です。

お酒を飲む人なら

赤ワインなら

簡単にポリフェノールをとれます。

わたしの場合は

毎日冷凍ブルーベリーをつかった

アイスを食べています。

めちゃくちゃおいしいので是非試してみてください。

【★食べるほど若返る⁉︎フリーラジカルを掃除しろ!★】アンチエイジングアイス↑↑老化とはなんですか?フリーラジカルなどの酸化物質がDNAを傷つけることで老化は進みます。適切に抗酸化作用のある食品を摂取すれば防ぐことは可能です。食べれば食べるほど若返るアイスがあったら嬉しいですよね?ここでは老化についての簡単な知識とアンチエイジングアイスの作り方について紹介します。...

<③空腹>

最後にとっておきの方法!

それは”空腹”です!

空腹も適度なストレスになるので

ホルミシスにはいります。

空腹は最近かなり注目されています!

それもそのはず

2018年にオートファジーという

メカニズムが発見されてからです。

オートファジーとは体のなかで

古い物質を掃除して

新しいものに作り変えるという

革命的なシステムです!

なんとこれが

絶食16時間保つと働くことがわかりました。

絶食16時間とか無理やろ・・・

って思う人!

意外といけちゃうんです!

睡眠時間を入れてもいいので

夜ご飯を20時に食べて

朝ごはんを抜いて

12時にお昼ごはんを食べる。

これで16時間の絶食は達成できているので

オートファジーは働きます。

ね!簡単でしょ!

もっと詳しく知るたい方はこちら↓↓

【糖質制限より断食!?】空腹をつくって健康になろう!みなさんは1日3食食べているでしょうか?実は1日3食食べることには科学的根拠はありません。むしろ糖質過多になります。糖質過多は中性脂肪、コレステロールの上昇に繋がります。さらに糖質は血糖値の急激な上昇を招き、集中力を下げます。1日16時間の空腹時間を作ることでオートファジーが動員されます。オートファジーは細胞レベルで老廃物を除去してくれます。睡眠、間食のナッツを使用することで16時間の空腹時間は意外と簡単に達成できます。さあ、今日から空腹時間を作ってオートファジーをしましょう!...
スポンサーリンク

まとめ

  • 若返りの法則:苦痛と回復のサイクル
  • ホルミシス:毒も適度な量は有益になる
  • サウナ、ポリフェノール、空腹はおすすめ!

以上が本日のまとめとなります。

さきほど紹介したホルミシスの中で

1つだけでも取り入れると

かなり体が若返ると思います。

是非取り入れてみてください!

では

See you next time!!

スポンサーリンク