COVID−19

【衝撃!2日で2倍!?】オミクロンの驚異的な感染力!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

オミクロンが

ヨーロッパを中心に

流行し始めています。

そして

その流行速度が

いままでとは

比べ物にならないくらい

速いです。

今日はここについて

みていきましょう。

スポンサーリンク

2日で2倍?

いままでの情報では

オミクロンの感染力は

デルタの1.7倍くらいと

いわれてきました。

そして、今現在

ヨーロッパで

デルタに置き換わる形で

感染拡大が広がっています。

Eric Feigl-Dingさんの

Twitterはいつも参考にしています。

こんな情報が。

オミクロンの感染者が

デンマークでは1.6日で

イギリスでは1.7日で

倍になっていると。

たしかに

グラフの通り

感染者が増加しています。

少なく見積もっても

2日で2倍。

やばいですね。

仮に1ヶ月を30日としたら

2の15乗=32768

この通り増えれば

1ヶ月もすれば

日本の第5波は

余裕で超えてしまいますね。

スポンサーリンク

南アフリカは約4万人に!

そいえば

最初オミクロンの報告があった

南アフリカの感染者は

どうなっているのでしょうか?

久々にみてみたら

エグいことになっていました。

画像引用:world meter

増えるのはや!!!

すでに数週足らずで

4万人を突破しそうな勢いです。

どんなグラフになるかは

まだわかりませんが、

おそらく

まだピークではないでしょう。

なるほど

これが2日で2倍の破壊力。

スポンサーリンク

病原性は低いとはいえコロナ!

ここ最近のニュースで

やたらと目立つのは

デルタに比べ

病原性は弱く

みんな軽症だから大丈夫!

というような報道です。

そりゃ

ワクチンをうっていますからね。

ワクチン未接種の方が

感染した場合は

ふつうに重症化すると思います。

後遺症も

どの程度でるかも

まだデータはありません。

今現状わかるっているのは

ワクチンで重症化は

予防できるということ。

安全に暮らすためには

やはりワクチンが重要です。

2回目のワクチンの効果が

きれかかっている日本は

今とても危ない状況です。

感染拡大する前に

はやくブースターが

普及していほしいですね。

<ワクチンのおすすめ本>

スポンサーリンク

まとめ

  • 2日で2倍!
  • 南アフリカはすでに約4万人
  • 病原性は弱くない!ワクチンは重要!

以上が本日のまとめです。

とにかく

このオミクロンは

ものすごい感染力!

ということを

知っていただけたかと思います。

日本もあっという間に

飲み込まれる可能性があります。

感染が拡大したときは

基本に立ち返って

感染予防対策を

しっかり行いましょう。

では

See you again!!

<感染対策記事>

【正念場!!】第5波の期間中は感染対策を徹底しよう!第5波の中心となっているデルタ株の感染力はこれまでのコロナ変異株と比べて異常なほど高いです。しかも、入院病床もほとんどないため今感染するのは致命的になります。本記事では感染対策の基本となるマスクについて少し上手な使い方について解説します。...
【ギアチェンジ!】第5波は感染対策本気モードに!使えるアイテム紹介!第5波はデルタ株が感染の中心ですが、感染力・病原性ともにこれまでにないくらい驚異的です。注意しすぎるくらいの感染対策をしましょう。感染対策に使えそうなアイテムをご紹介します。感染対策はタイミングが大事です。使い所を見極めてしっかり感染対策しましょう。...

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥715 (2022/10/05 04:50:32時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
スポンサーリンク