COVID−19

【生活習慣関係ない?】ワクチン1回目接種後の感染は健康な人でもかなり悪化するかも。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

日に日に都内の状況は悪くなり、

ほとんどの病院では

すぐに入院することが

できない状況になりました。

東京では自宅療養中になくなった数は

8月5時点ですでに30〜50代で8人。

2020年12月〜2021年7月までで11人。

今、かなりやばいのおわかりですね。

本題に入る前に

これから自宅療養がメインとなるので

必ずパルスオキシメーターは

持っておいてくださいね!

さて、本題へ。

1回目ワクチン接種後のデルタ感染で

過剰な炎症反応を起こし

入院となるケースが相次いでいます。

少し特徴があるので

今日はそこについて書いていきます。

スポンサーリンク

健康な人こそ炎症が強くなる?

通常、単独で

コロナに感染した場合は

生活習慣病がたくさんあるほど

重症化リスクが高いと

いわれています。

【要注意!!】嘔気・下痢症状は重症化の前兆か?COVID−19に感染すると一部の人は嘔気・下痢などといった消化器症状を訴えます。こういった方々の多くは、後に重症化することが多くステロイド治療を要することが多くなります。COVID−19に感染すると腸内細菌叢が乱れるため、腸活をすることで重症化を予防できるかもしれません。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...

しかし、

ワクチン1回接種後の感染では

健康な人でも

強い炎症反応が起こり

治療が必要となるケースがあります。

これが、どれくらいの頻度で

起きるのかはわかりませんが、

おそらく

そこそこ高いと思います。

治療は通常デキサメタゾンという

ステロイドを使用しますが、

それでも炎症が

よくならないケースがほとんどです。

ちなみに現時点で

私が経験した症例は10件になり

すべてデキサメタゾンに加え

追加治療が必要になってます。

※おおよその数値ですが、CRP>15、フェリチン>2000くらいは平気で超えてきます。

(医療者以外はこちらの数字は気にしなくていいです)

スポンサーリンク

肺炎は比較的軽度

しかし、

ワクチン未接種と比べて

明らかに違う点があります。

それは

肺炎が比較的軽度ということです。

コロナで死んでしまうケースは

ほとんどが

肺炎から酸素需要が

悪化していくケースです。

ワクチン1回接種後の患者は

その殆どが、

ネーザルカヌラで

酸素1〜2Lくらいで

おさまります。

(※ネーザルハイフローが必要になるくらい重症化する人もいます)

この点からはワクチンは1回接種でも

ある程度効果はありそうです。

スポンサーリンク

やはりワクチンはうつべき!

【意外と知らないワクチン合併症!】痛み・しびれが長引く場合は病院受診をしましょう!コロナワクチンの副反応は有名ですが、合併症についてはあまり知られていません。ワクチンは注射なので物理的なダメージがあります。三角筋の下には滑液包や腋窩神経があるので、誤ってそれらを損傷すると接種後に関節痛やしびれに繋がります。安全な位置で接種するように心がけましょう!...
【朗報!!】ついに呪縛から解き放たれるか?ワクチン接種で後遺症が改善!COVID−19感染後に後遺症で苦しんでいる方が多数いらっしゃいます。これまで後遺症に対しての治療法はありませんでしたが、ワクチン接種が後遺症の改善に効果的という報告がExeter大学からでました。接種後に約半数の方が症状が改善しています。後遺症に苦しんでいる方には非常に朗報ですね。...
ワクチンはインド株にも効果あり!だけど、1回だけだと不十分!インド株が徐々に増えてきています。イギリスの保険当局からの発表でインド株にもワクチンの効果はあるようです。しかし、一回接種だけだと効果は不十分です。インド株の感染力は1.7倍といわれており、7月の中旬には第5波がくることが予想されています。それまでにワクチン接種は間に合わないので、予防を徹底しましょう!サプリメントだとビタミンDがおすすめです!...

結論として

ワクチン1回接種後も

入院を要するような状態になるが、

救命率は圧倒的に高くなるので

ワクチンは絶対にうつべきです!

ただ、

2回接種が完了するまでは

危険な状態であることに変わりはないので

それまでは

感染対策に常に

気をつけていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

  • ワクチン1回目接種後感染は健康な人でもおこる。
  • 炎症はかなり強く、デキサメタゾンのみでは抑えきれないことが多い
  • 肺炎は比較的軽度にすむ
  • 結論:ワクチン1回目はうつべき

上記が本日のまとめです。

なんだかんだで、

やはり悪さしているのは炎症です。

効果があるかはわかりませんが

普段から炎症を起こしにくい体作りを

意識して生活しましょう。

【肥満は炎症のもと!!】死にたくないなら今すぐダイエットしろ!肥満は重症化・死亡率上昇の大きなリスクになります。新型コロナウイルスの重症化は炎症反応が抑えられなくなることで起きます。脂肪は慢性炎症を起こします。また、異常な免疫反応を抑えてくれるレギュラトリーT細胞が減少します。今すぐダイエットをしましょう。抗炎症作用のある食べ物を摂取することも大事です。ビタミンDもかなり多くの研究が出ています。本記事ではこれらについて解説します。...
【重症患者も急増中!!】改めてビタミンDの凄さを振り返る!やはり買うことをおすすめします!コロナ感染者は右肩上がりですが、重症患者の急増しています。ぶっちゃけワクチン接種していないのは無防備すぎます。そんな時に救世主になるのがビタミンDです!コロナ重症化予防効果も期待できるスーパーマンです!改めてこいつの凄さを振り返りましょう!...
created by Rinker
¥3,874 (2022/10/05 08:02:12時点 楽天市場調べ-詳細)

ワクチン2回うつまでは

ほんと安心できません。

みなさんが

早く2回接種できることを祈っています。

では

See you again!!

【超重要!!】ワクチン1回目接種後の感染はくっそ炎症が悪化します!コロナワクチン1回目接種した後にデルタ株に感染したらどうなるかご存知でしょうか?通常、デルタ株に対して1回目のみの接種では約35%程度の予防効果と言われています。実際、私が経験した症例ではみなさん炎症がとんでもなく強く起こり、通常のステロイドでは全く歯が立ちませんでした。本記事では実際、ワクチン1回目接種後の感染がどうなるのかについて書いています。...
スポンサーリンク