COVID−19

【小児感染が増えるので知っておこう!】多系統炎症症候群(MIS-C)とは?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

第6波が

本格波しました!

ここからどこまで

感染者が増えるかは

もう予想できません。

10万人を超える可能性も

十分あります。

オミクロンに関しては

小児感染が増えます。

そこで

小児のコロナ感染後に現れる

小児多系統炎症症候群(MIS-C)について

軽く紹介しておきます。

スポンサーリンク

小児多系統炎症症候群(MIS-C)とは

パンデミックが

始まった当初

「小児で川崎病がかなり増えている!」

っといったニュースを

聞いたことはないでしょうか?

正体は川崎病に似た

小児多系統炎症症候群(MIS-C)という

病気でした。

以下要点のみ

簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

疫学・病態生理

  • どの年齢の小児にも起こり得るが、特に6−12歳で多い
  • コロナ感染の後、数週後に起こる
  • 免疫の異常活性が関与している可能性が高い
  • 鼻咽腔のPCRは陰性でも、血清(血液)のPCRは陽性であることが多い
  • 特に血液中の抗体陽性(感染していたことを示す)は有益
スポンサーリンク

症状

  • 4−6日ほど持続する発熱
  • 消化器症状(腹痛、下痢、嘔吐)
  • 皮疹
  • 結膜炎
  • 頭痛・倦怠感

上記が代表的な症状ですが

他にも様々起こります。

スポンサーリンク

重症化に注意!

上記症状が持続したあと

以下のように

重症化する可能性があります。

  • ショック
  • 多臓器不全
  • 特に心筋障害の出現には注意

こうなった場合は

複数の専門家による

集中治療管理が

必要になります。

治療は川崎病と似ており

ステロイドや免疫グロブリンを

使用します。

オミクロン流行に伴いMIS-Cには十分注意を!

ってなことで

かなり

要点を絞って説明しましたが

一言でまとめると

「コロナ感染数週後の数日続く発熱・体調不良はMIS-Cを疑え!」

ってことになります。

頻度がどの程度かは

定かじゃありませんが

オミクロン株は

今まで以上に

子どもたちに

感染しやすくなっていることから

MIS-Cの患者が

増えることが予想されます。

「オミクロンは軽症だから大丈夫」は

子供にとっては

当てはまりません。

これから

冬休みもあけて

学校が始まると思います。

十分な感染対策を

徹底しましょう!

では

See you again!!

以下も参照ください↓↓

小児 COVID-19 関連多系統炎症性症候群(MIS-C/PIMS)診療コンセンサスステートメント

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥1,287 (2022/10/02 03:39:26時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
created by Rinker
¥3,874 (2022/10/02 07:01:59時点 楽天市場調べ-詳細)

【日光が減る冬を迎える前に!】ビタミンDの重要性を再告知!食品からサプリメントまで!ビタミンDは免疫力向上には欠かせない重要な栄養素です。体内で合成するためには日光に当たる必要があります。しかし、これから冬にかけて日照時間が短くなり、かつ寒くなるため日光にあたる時間が激的に減少します。冬はビタミンD不足になりやすいんです。そうならないためにも今からビタミンDをしっかりと摂取するすべを覚えましょう!...
【重症患者も急増中!!】改めてビタミンDの凄さを振り返る!やはり買うことをおすすめします!コロナ感染者は右肩上がりですが、重症患者の急増しています。ぶっちゃけワクチン接種していないのは無防備すぎます。そんな時に救世主になるのがビタミンDです!コロナ重症化予防効果も期待できるスーパーマンです!改めてこいつの凄さを振り返りましょう!...
【がんも予防するのかよw】ビタミンDが万能すぎて飲まない理由がさらになくなったwビタミンDはCOVID−19の重症化予防効果があることで注目されていますが、なんとがんの死亡率低下の効果も報告されています。ここまで多数の効果があるのなら飲まない理由はもうありません。なんといっても安価です。1日数十円で健康になれるので、まだ購入していない方は是非購入しましょう!...
スポンサーリンク