COVID−19

【陰ながらこいつも・・・】インフルエンザも変異!拡大している地域も!合併感染??

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

ヨーロッパでは

オミクロンの感染拡大が

止まりませんね。

いまのところ

日本ではまだ

本格的に感染拡大が

始まってないので

その前にブースターが

普及していほしいです。

さて、

今日はウイルス界の

絶対的王者:インフルエンザ

について話していきます。

こいつ、じつは・・・

【絶対にワクチンうちましょう!】今冬はインフルエンザに要注意!!! みなさんこんにちは! 日本のコロナは どこへいってしまったんだ? そう言いたくなるくらい 一気に感染は収束して...
スポンサーリンク

なんとインフルエンザにも変異が出現!

まずはこのトピックから!

コロナは毎回変異しやがって!

と思っていたら

なんとインフルエンザも

新たな変異をしてきました。

BBCニュース

変異した結果

ワクチンの

感染予防効果が

激減した可能性が

あるとのこと。

ただ、

重症化予防効果については

しっかりとあるようですね。

ワクチンで

感染予防効果が減った場合、

ワクチン接種しても

感染するリスクが上がるため

ワクチン接種者も

ウイルスの媒介者に

なる可能性が高いです。

つまり

例年より

感染拡大しやすい状況が

作られるかもしれません。

<ワクチンのおすすめ本>

スポンサーリンク

感染拡大地域が続々出現!

じつはすでに

感染拡大が

始まっている国があります。

まずはスウェーデン。

こちらの

ツイートの画像をみてください。

ひと目で

とんでもない勢いで

爆増しているのが

わかりますね。

次はニューヨーク!

こちらのツイートの画像を!

こちらは先程よりは

マイルドですが

それでも例年を

上回る速度で

増加してきています。

次はブラジル。

PODER

タイトルは

ブラジル全域でインフルエンザ拡大。死亡者も記録。

変異インフルエンザが

感染拡大しているようで

すでに2万人以上が

感染しているようです。

そして5名の死亡も

確認されていると。

少なくとも

人を死に至らしめる

キャパシティーは

あるようですね。

created by Rinker
¥3,874 (2022/10/06 08:17:57時点 楽天市場調べ-詳細)

【日光が減る冬を迎える前に!】ビタミンDの重要性を再告知!食品からサプリメントまで!ビタミンDは免疫力向上には欠かせない重要な栄養素です。体内で合成するためには日光に当たる必要があります。しかし、これから冬にかけて日照時間が短くなり、かつ寒くなるため日光にあたる時間が激的に減少します。冬はビタミンD不足になりやすいんです。そうならないためにも今からビタミンDをしっかりと摂取するすべを覚えましょう!...
【重症患者も急増中!!】改めてビタミンDの凄さを振り返る!やはり買うことをおすすめします!コロナ感染者は右肩上がりですが、重症患者の急増しています。ぶっちゃけワクチン接種していないのは無防備すぎます。そんな時に救世主になるのがビタミンDです!コロナ重症化予防効果も期待できるスーパーマンです!改めてこいつの凄さを振り返りましょう!...
【がんも予防するのかよw】ビタミンDが万能すぎて飲まない理由がさらになくなったwビタミンDはCOVID−19の重症化予防効果があることで注目されていますが、なんとがんの死亡率低下の効果も報告されています。ここまで多数の効果があるのなら飲まない理由はもうありません。なんといっても安価です。1日数十円で健康になれるので、まだ購入していない方は是非購入しましょう!...
スポンサーリンク

コロナとインフルエンザの合併感染で重症化?

Scientific report

こんな論文が。

マウスレベルでは

コロナとインフルエンザの

混合感染で

より重症な肺炎を

起こします。

これはマウスレベルの話なので

実際に人間で起きるかは不明です。

しかし、

新たな変異インフルエンザが

これから世界的に

広がり始め、

オミクロンと

どんなコラボを

するかは不明です。

是非とも

現実になってほしくないですね。

created by Rinker
¥1,463 (2022/10/06 04:43:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥715 (2022/10/06 16:47:54時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

  • インフルエンザに新たな変異!ワクチン回避能力アップ。
  • すでにインフルエンザが流行している国も!
  • マウスではコロナとインフルエンザの混合感染で重症化リスクアップ!

以上が本日のまとめです!

世界はオミクロンで

パニック状態になっている中

インフルエンザも

変異してくるのは

実に厄介ですね。

わたしが予想した

最悪のシナリオが

現実にならないことを祈ります。

では

See you again!!

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥715 (2022/10/06 04:51:57時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...

スポンサーリンク