COVID−19

【医療崩壊が始まった!?】コロナ以外の病気に支障が出始めてきた!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

入院病床使用率も

上がってきており

蔓延防止措置が

検討され始めました。

実際、現場からいえるのは

第5波レベルに

医療逼迫してきています。

このまま

新規感染者・入院患者が増えると

コロナ以外の疾患も

かなり影響を

受けそうです。

状況的には

「かなり厳しい」の

一言につきます。

第6波が過ぎるまでは

感染対策を徹底しましょう!

※第6波では子供の感染・入院が増えています。クループ症候群の予防するために加湿を徹底しましょう!

【入院爆増!】やはり子供の感染も目立っています!クループ症候群に注意!オミクロンは上気道感染がメインといわれており、それゆえ子供のクループ症候群が増えています。症状が重い場合は適切な薬治療が必要になります。...
【小児感染が増えるので知っておこう!】多系統炎症症候群(MIS-C)とは? みなさんこんにちは! 第6波が 本格波しました! ここからどこまで 感染者が増えるかは もう予想できませ...

スポンサーリンク

緊急疾患の対応困難

コロナの入院患者が増えると

通常の入院ベットを

削る必要がでてきます。

そうなると

必然的に

緊急入院できる

ベットも減ります。

冬は血管疾患のシーズンです。

心筋梗塞・脳卒中が

どこかかしらで

ほぼ毎日発生します。

これらの疾患は

時間が命です!

しかし

入院ベットがないと

搬送先がみつからず

かなりの時間を

要してしまいます。

日経新聞

さらにこういった

緊急疾患は

入院した後に

コロナに

感染していることが

判明することが

よくあります。

ICUなどの

重症患者が

入院している病棟で

万が一

クラスターが発生したら

かなり大変な

事態になります。

スポンサーリンク

外傷の対応困難

緊急疾患でいえば

外傷もそうです!

交通事故で

すぐに病院搬送して

緊急手術を要する場合でも

ベットがなければ

受け入れることが

できません。

こういう状況では

事故しないように

気をつけること!

とはいえ

先日みたいに

関東で大雪が降れば

大量の事故が発生します。

たのむから

雪はもう振らないでくれ!

と祈るしかない。

スポンサーリンク

予定入院の縮小、手術・抗癌化学療法の延期

また

入院ベットが

減ることによる影響は

上記以外にも

悪性腫瘍領域にも

かなり影響します。

コロナの

入院ベット確保のため

一般患者のベットを

減らさざるを得ません。

そのため

  • 予定されていた手術の延期
  • 予定されていた抗癌化学療法の延期

こういったことが

起きます。

癌は種類にもよりますが

基本的には

進行がゆっくりな病気です。

とはいえ

一刻も速く

治療したいですよね。

それが延期されると

とても不安になります。

【飲まない理由がなくなってきたw】ビタミンD、大腸がんも予防する!わたしは幾度となくビタミンDをすすめてきましたが、若年の大腸がん予防効果を示す研究論文がでました。コロナ重症化予防、認知症予防、骨強化、がん予防。。。もう飲まない理由はないです。そもそも、安価ですし成人の9割が不足しています。ほんとに飲まない理由がないです。...
【がんも予防するのかよw】ビタミンDが万能すぎて飲まない理由がさらになくなったwビタミンDはCOVID−19の重症化予防効果があることで注目されていますが、なんとがんの死亡率低下の効果も報告されています。ここまで多数の効果があるのなら飲まない理由はもうありません。なんといっても安価です。1日数十円で健康になれるので、まだ購入していない方は是非購入しましょう!...
スポンサーリンク

まとめ

  • 緊急疾患の治療が遅れる可能性がでてくる!
  • 外傷患者の治療にも影響!
  • 悪性腫瘍の手術・高癌化学療法も延期せざるを得ない。

以上が本日のまとめです。

コロナ自体の

重症患者が増えることも

恐ろしいことですが、

コロナの影響で

他の病気の妨げになる

2次的被害がでる

この状態が

まさしく医療崩壊。

正直、第6波での

医療崩壊は

もう始まっています。

第6波が過ぎるまで

徹底した感染対策を

行っていきましょう。

では

See you again!!

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥1,287 (2022/10/03 03:44:51時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
スポンサーリンク