COVID−19

【感染力がえげつない・・・】南アフリカでは入院増加!入院後に陽性ケースが多い!小児の入院も増加!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

さて、

オミクロンの感染力が

あまりにも強力すぎて

イギリスの感染者が

とんでもないことになりましたね。

ヤフーニュース

過去記事にも書きましたが

2日に2倍のペースで増えています。

(厳密には2日に1.7倍くらい)

【衝撃!2日で2倍!?】オミクロンの驚異的な感染力!オミクロンの感染力がこれまでと比べ物にならないくらい強いです。イギリス、デンマークのデータからは少なくとも2日で2倍に増えています。一ヶ月だと32768倍!そしてアフリカではすでに約4万人近くの感染者となっています。デルタに比べると致死率は低いかもしれませんが、それでもコロナです。ワクチン未接種の場合は非常に危険です。...

そんなオミクロンですが

少しずつ

入院ケースも出てきています。

今日はここについて

述べていこうと思います。

ではいきましょう!

スポンサーリンク

南アフリカでは入院が増加傾向に!

オミクロンが

最初に報告された

南アフリカですが

感染者は現在

爆増中です。

画像引用:World meter

ここまで

入院はそこまで

増えていなかったので

あまり注目していなかったのですが

ここにきて

かなりの勢いで

増えてきました。

画像引用:mail online

画像の通り

急角度で増えてきました。

もちろん

感染者に対しての

重症化率は

いわれていた通り

低そうです。

しかし

感染者の絶対数が増えれば

おのずと

入院患者は増えてきます。

普段できないですね。

<ワクチンのおすすめ本>

スポンサーリンク

入院後に陽性ケースが増えている!

オミクロンが増えてから

入院後に陽性となるケースが

増えているようです。

それもそのはず。

症状が軽くなりましたからね。

症状が軽くなるというのは

それだけ

感染していても

気づかれない可能性が上がります。

そして、

このツイートにもありますが

オミクロンで

ICU入院となっている

ほとんどは

ワクチン未接種です。

まとめるとオミクロンの特徴は

  • ワクチン接種者には無症状あるいは軽症となるが、その分、感染拡大しやすくなる。
  • ワクチン未接種者には重症化させる

こんな特徴になりそうです。

病院には様々な疾患で

状態の悪い患者がいるため

そういった患者に

悪影響を及ぼす可能性があります。

医療機関は

院内クラスターを防ぐために

より一層注意が

必要となりそうです。

※過去にこんな記事も書いています

【超重要!!】こんな蔓延している中でのPCR陰性を信じるな!PCR検査は絶対ではありません。感染状況でその意義は大きく変わってきます。今現在の日本のようなコロナが爆発的に蔓延している状況下でPCR陰性は果たしてどう解釈すべきなのか?発熱・上気道症状があればもうPCR検査の結果に関わらずコロナである可能性は高いです。重要なのは検査結果ではなく現病歴・臨床所見です!...
【何度やってもPCR陰性・・・】実は鼻咽頭では陽性にならない人もいます!みなさんPCRの検査を鵜呑みにしていませんか?臨床経過がどうみてもCOVID−19なのにPCRが何度やっても陰性の場合はどうしたらいいでしょうか?実はこういったケースはよく遭遇します!結論からいうと素直にCOVID−19の可能性がめちゃくちゃ高いです!実は上気道の検体ではPCRが陰性になりやすい人がいます!さらに偽陰性になりやすい時期もあります!本記事ではこれらの注意点について書いていきます!...
【病歴が全て!】陰性→陰性→陰性→陽性!こういったケースよくあります! みなさんこんにちは! 今日は 大阪の新規感染者が 3004人と かなり多くなってきました。 東京都は感染...
スポンサーリンク

子どもたちの入院が増えている

以前オミクロンが

出始めたときに

南アフリカの

入院患者の約10%が

2歳未満です!

記事を書きました。

【子供のマスクは必須!?】2歳未満が入院患者の10%を占める!南アフリカの入院患者の10%が2歳未満の子どもたちとなっています。これは今までにない数値です。この年齢は免疫システムが未熟であり、またワクチン接種がまだできないので注意が必要になります。子どもたちの外出時マスクは必須になるでしょう。今のうちからマスクに慣らしておきましょう。...

その後、

今現在ヨーロッパで

感染拡大していますが

ヨーロッパの

子どもたちの状況は

どうなっているのでしょうか?

こちらのツイートをみてみましょう。

イングランドでは

子どもたちの入院が

過去最高に増えています!と。

やはり

子どもたちにも

感染してくるようですね。

これは日本も

注意しないといけませんね。

【子供、高齢者!】第6波のターゲットはここか!第5波は終わりを迎えていますが、第6波はどうなるのでしょうか?第5波のような災害レベルになるとは思っていませんが、ある程度の感染拡大はするでしょう。感染の標的は小児と高齢者になるでしょう。イスラエルのデータでは2回接種しても半年経過していれば高齢者は重症化する可能性がでてきます。キーは3回目の接種がいかにはやくできるか。ここにかかっているでしょう。...
スポンサーリンク

まとめ

  • 南アフリカでは入院が急増中
  • 他の疾患で入院してから感染が判明するケースが増えている
  • 重症患者のほとんどがワクチン未接種
  • 小児の入院も増加傾向

以上が本日のまとめになります。

こうやって

情報を集めてて

感じることは

このコロナというウイルスは

ほんとに

うまくできているなーと

敵ではあるものの

感心してしまいます。

今回は

人類が

ワクチンを手にしたから

ワクチン接種者を

媒介として

未接種者を

狙い撃ちしてやる!

っていう声が

オミクロンから

聞こえてきそうです。

では

See you again!!

【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【正念場!!】第5波の期間中は感染対策を徹底しよう!第5波の中心となっているデルタ株の感染力はこれまでのコロナ変異株と比べて異常なほど高いです。しかも、入院病床もほとんどないため今感染するのは致命的になります。本記事では感染対策の基本となるマスクについて少し上手な使い方について解説します。...

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥1,287 (2022/10/03 03:44:51時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
created by Rinker
¥3,874 (2022/10/03 07:22:50時点 楽天市場調べ-詳細)

【日光が減る冬を迎える前に!】ビタミンDの重要性を再告知!食品からサプリメントまで!ビタミンDは免疫力向上には欠かせない重要な栄養素です。体内で合成するためには日光に当たる必要があります。しかし、これから冬にかけて日照時間が短くなり、かつ寒くなるため日光にあたる時間が激的に減少します。冬はビタミンD不足になりやすいんです。そうならないためにも今からビタミンDをしっかりと摂取するすべを覚えましょう!...
【重症患者も急増中!!】改めてビタミンDの凄さを振り返る!やはり買うことをおすすめします!コロナ感染者は右肩上がりですが、重症患者の急増しています。ぶっちゃけワクチン接種していないのは無防備すぎます。そんな時に救世主になるのがビタミンDです!コロナ重症化予防効果も期待できるスーパーマンです!改めてこいつの凄さを振り返りましょう!...
【がんも予防するのかよw】ビタミンDが万能すぎて飲まない理由がさらになくなったwビタミンDはCOVID−19の重症化予防効果があることで注目されていますが、なんとがんの死亡率低下の効果も報告されています。ここまで多数の効果があるのなら飲まない理由はもうありません。なんといっても安価です。1日数十円で健康になれるので、まだ購入していない方は是非購入しましょう!...
スポンサーリンク