COVID−19

【ついに来た!!!】ファイザー、6ヶ月〜4歳のワクチンの緊急使用を申請!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

やっと

このときが来ました!

ファイザーが

6ヶ月〜4歳への

ワクチン緊急許可申請を

FDAに提出しました。

Pfizer

なぜ

この年齢の

ワクチンが重要なのか。

今日はそこを

サクッと話します。

ではいきましょう。

※デルタもまだ存在しています!必ずパルスオキシメーターは所持しましょう!

【コロナ急変死を防げ!】自宅療養中はSpO2モニタリングをしろ!現在、コロナ自宅療養中での急変死が増えています。実はころな肺炎ではhappy hypoxiaといって呼吸困難を感じません。気づいたときにはかなりの低酸素状態となっており倒れてしまう。そうならないためにはSpO2を測定しましょう。手頃な価格で手に入るデバイスがたくさんあります。また、SpO2の他に呼吸数にも注目しましょう。...
【コロナに最適アイテム!】アップルウォッチなら不整脈も検出できます!コロナで自宅療養中にはSpO2を測定しましょう!そのデバイスとしてアップルウォッチが使えます。心電図機能も搭載されており、24時間モニタリングすることで心房細動を検出します。心房細動は約半数が無症候性といわれており、脳梗塞の発症リスクが約5倍上昇します。また、コロナに感染後は血栓リスクが高まります。アップルウォッチで脳梗塞の予防をしましょう!...
スポンサーリンク

5歳未満の入院リスクが高い

まず

1つ目の理由は

小児の中でも

5歳未満の子どもたちは

入院リスクが

比較的

高い傾向にあります。

上記ツイートの拡大画像

イングランドでは

オミクロンになってから

子供たちの入院が増えており

中でも

0−5歳が

半数以上を占めています。

他、南アフリカで

最初にオミクロンが

拡大した時は

2歳未満の入院が

実は多かったんです。

【子供のマスクは必須!?】2歳未満が入院患者の10%を占める!南アフリカの入院患者の10%が2歳未満の子どもたちとなっています。これは今までにない数値です。この年齢は免疫システムが未熟であり、またワクチン接種がまだできないので注意が必要になります。子どもたちの外出時マスクは必須になるでしょう。今のうちからマスクに慣らしておきましょう。...
スポンサーリンク

軽症でもその後Long-COVIDに苦しむ!

軽症で済んだからOK!

っていうことには

なりません。

小児も大人同様

感染後の後遺症があります。

先にいっておきますが

これらは

ワクチンで

予防可能です!

【子どもたちにワクチンを!】小児多系統炎症症候群はワクチンで防げる!コロナ感染数週後に起きる小児多系統炎症症候群ですが、ワクチンで予防できるというデータがでました。この疾患は子供たちの命を落とす可能性のある病気であり今回のデータはかなり喜ばしいものです。早く日本でも12歳未満の子どもたちのワクチン接種がすすんでほしいです。...

小児で

コロナ感染後に

注意すべき

あるいは

注目されている後遺症は

  • 小児多系統炎症性症候群(MIS-C)
  • 糖尿病

この2つです。

もちろん

他にも

様々な後遺症があります。

【小児感染が増えるので知っておこう!】多系統炎症症候群(MIS-C)とは? みなさんこんにちは! 第6波が 本格波しました! ここからどこまで 感染者が増えるかは もう予想できませ...
【ここにも影響が!】コロナ感染は子どもたちの糖尿病リスクに! みなさんこんにちは! 今週から日本は 数万人規模の 感染拡大となることが 予想されます。 くれぐれも ...

MIS-Cは

死の危険性がある

大変恐ろしい病気です。

いたって健康な子供が

コロナ感染約2−3週間後に

発症します。

ヤフーニュース

また、糖尿病に関しては

メインは

1型糖尿病という

膵臓からの

インスリン分泌が

低下する

タイプになります。

小児の時期から患うと

毎日注射を射つ必要が

でてくるため

生活の質が

著しく落ちる

可能性があります。

最後にもう一度。

ワクチンで

これらは予防できます。

スポンサーリンク

日本で導入されるのは夏ぐらいと予想

で、現在

緊急使用許可申請中なので

これが承認されたら

初めて

使用可能になります。

ただ、

許可が降りても

日本で使用できるまでには

さらに

時間がかかります。

3回目の

ブースターショットのときも

そうでしたね。

ファイザーの

ブースターショットが

承認されたのは

2021年9月22日。

そこから

約4ヶ月経過した

2022年2月2日。

3回目接種率は約3%強。

まー日本は

いつもこんな感じです。

ってことで

承認されてから

約4ヶ月ほどは

時間がかかると

思われるので

おそらく

夏ぐらいに

ようやく

開始になると思われます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 5歳未満は入院率が高い傾向
  • ワクチンには小児多系統炎症性症候群・糖尿病の予防効果あり
  • 緊急使用許可がおりても日本で導入されるのは時間がかかる

以上が本日のまとめです。

いずれにしても

ようやく

この世代で

ワクチンが射てる

可能性が出てきました。

早く承認されてほしいですね。

ただ、

こちらのツイートにあるように

この年齢での

ワクチン申請には

複雑な背景が

あるようですね。

未来ある子どもたちに

一刻も早く

ワクチンが届くことを

願っています。

では

See you again!!

<ワクチンのおすすめ本>

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥715 (2022/10/06 04:51:57時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
スポンサーリンク