COVID−19

【子供がいる家庭は必須知識!】第7波にむけて絶対に知っておきましょう!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

今日から

4月になり

新年度が始まりますね!

新しく何かを

始める方も

いるかと思います!

これを機に

新しく健康習慣を

始めるのもありです!

健康になるためには

とにかく

小さく始めることが

大事ですよ!

下記記事を参考ください↓↓

【コロナ時代を生き抜くために】これからは予防が命です!コロナはいつになったら消えるのでしょうか?おそらく、今後しばらくはコロナと付き合っていくことになるでしょう。そうなった時、重症化しない体かつ感染後も健康に生き抜く体を作る必要があります。...

さて

第7波では

第6波と同様

小児への感染が

予想されます。

小児に感染した場合

致死率こそ低いものの

気をつけるポイントが

いくつかあります。

今日はそこについて

復習がてら

確認していきます。

ではいきましょう!

スポンサーリンク

感染後のLong-COVIDに注意!

小児の感染は

高齢者に比べて

感染時の致死率は低いです。

ただ、

第6波では

過去に比べて

痙攣が多かったようなので

そこは注意です。

また、もっと

注意しなければいけないのが

感染後の後遺症。

いわゆる

Long-COVID”です!

世界では

この

Long-COVIDに

苦しむ子どもたちが

多数います。

症状の重症度に

関係なく

出現する点に

注意しましょう!

多種多様な症状が

あるのですが

特に注意したいのは

次の2つです!

スポンサーリンク

小児多系統炎症症候群(MIS-C)

まず1つはこれ!

小児多系統炎症症候群(MIS-C)です!

【小児感染が増えるので知っておこう!】多系統炎症症候群(MIS-C)とは? みなさんこんにちは! 第6波が 本格波しました! ここからどこまで 感染者が増えるかは もう予想できませ...
【子どもたちにワクチンを!】小児多系統炎症症候群はワクチンで防げる!コロナ感染数週後に起きる小児多系統炎症症候群ですが、ワクチンで予防できるというデータがでました。この疾患は子供たちの命を落とす可能性のある病気であり今回のデータはかなり喜ばしいものです。早く日本でも12歳未満の子どもたちのワクチン接種がすすんでほしいです。...

体の中で

異常な炎症反応が

起きる病気で

川崎病に似ています。

注意点は

・重症度に関係なく出現!

・感染3−4週後に出現!

治療が遅れると

命に関わる病気なので

是非

知っておいてほしいです!

そして、これは

ワクチン接種で

予防可能です!

体験記事も参考になります↓↓

朝日新聞

スポンサーリンク

糖尿病のリスクが上昇!

CDC

次に強調したいのが

感染後は

子どもたちの

糖尿病のリスクが上がること!

【ここにも影響が!】コロナ感染は子どもたちの糖尿病リスクに! みなさんこんにちは! 今週から日本は 数万人規模の 感染拡大となることが 予想されます。 くれぐれも ...

しかも

1型糖尿病のリスクも

あがります!

1型糖尿病は

膵臓から

インスリンを

作ることが

できなくなるので

インスリン注射が

必要になります。

ただでさえ

注射が嫌いな子どもが

毎日注射うつとなると・・・。

絶対避けたいですね。

これも

ワクチンで

予防できるとの

データがあります。

ちなみに

歯磨きしないと

糖尿病リスク上がるので

注意してね!

【口の中は肛門より汚い?】口の不衛生は病気へのトリガーです! みなさんこんにちは! 感染者が 再増加に 転じてきましたね。 第7波の メインになるであろう BA...
スポンサーリンク

まとめ

  • 小児感染はLong-COVIDに注意!
  • 小児多系統炎症症候群(MIS-C)は重症度に関係なく感染数週後に発症
  • 糖尿病リスク上昇

以上が

本日のまとめになります。

将来がある

子どもたちが

安心して過ごせる

世の中が来ることを

祈っております!

では

See you again!!

<ワクチンのおすすめ本>

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥715 (2022/10/05 04:50:32時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
スポンサーリンク