COVID−19

【医療崩壊目前!?】救急搬送困難例が増えてきた(泣)

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

今日の感染者は

2万人を超えましたね。

しかし

これはあくまで通過点にすぎず

5−10万人くらいまでは

増えると思われます。

感染が落ち着くまでは

徹底した感染対策を

行いましょう!

【ここから爆増する!】感染対策をもう一度見直そう! みなさんこんにちは! 昨日の 米国の新規感染者数が 100万人を超えたのは 驚きでしたね。 https:...
スポンサーリンク

救急搬送困難例が増えてきている

東京では

救急搬送困難症例が

第5波と同等レベルまで

増えてきました。

この東京ルールとは

担当地区で

搬送困難な場合

受け入れ可能な病院を探して

地区以外の病院に搬送する

東京独自のルールです。

つまりは

搬送困難な状況になると

増えてきます。

すでに

第5波レベルなので

コロナ以外の患者の

救急搬送にも

かなり支障が出ていそうです。

というか出ています。

スポンサーリンク

コロナ以外の死亡例も増えてくる可能性

コロナの影響力は

コロナだけを

見ていてはいけません。

コロナが流行することで

他の疾患の治療に

支障をきたします。

通常なら

救急車にのって

すぐ病院に到着し

治療開始できる病気も

搬送先が見つからなければ

治療できません。

特にこの寒い時期は

心筋梗塞や脳卒中の

シーズンでもあるので

これらの緊急疾患が

滞りなく

治療できればいいですが

医療崩壊が本格化すると

すぐに搬送先が見つからず

そのまま救急車内で

命を引き取る

可能性もでてきます。

スポンサーリンク

徹底した感染対策を!

もうこうなってしまった以上

やれることは

感染対策を

徹底する他ありません。

その間に

3回目のワクチン接種を

待ちましょう。

【ここから爆増する!】感染対策をもう一度見直そう! みなさんこんにちは! 昨日の 米国の新規感染者数が 100万人を超えたのは 驚きでしたね。 https:...

特に小児の感染が

かなり目立ってきているので

お子さんがいる家庭は

特に気をつけましょう!

【小児感染が増えるので知っておこう!】多系統炎症症候群(MIS-C)とは? みなさんこんにちは! 第6波が 本格波しました! ここからどこまで 感染者が増えるかは もう予想できませ...
【入院爆増!】やはり子供の感染も目立っています!クループ症候群に注意!オミクロンは上気道感染がメインといわれており、それゆえ子供のクループ症候群が増えています。症状が重い場合は適切な薬治療が必要になります。...
【感染力がえげつない・・・】南アフリカでは入院増加!入院後に陽性ケースが多い!小児の入院も増加!オミクロンは感染力の高さがこれまでの変異株とは比べもにならないほど高いです。オミクロンが最初に発見された南アフリカでは入院患者がここに来て増加傾向になっています。さらに、入院後に陽性となるケースが増えています。イングランドでは小児の入院患者も増えており小児に対しても感染力を持っています。...
スポンサーリンク

まとめ

  • 救急搬送困難症例が増えてきた
  • コロナ以外の疾患に影響が出てくる
  • 徹底した感染対策を!特に小児の感染が増えている!

以上が本日のまとめです。

オミクロンは

軽症かもしれません。

でも今現在

救急搬送困難症例が

増えています。

緊急疾患が緊急で

治療できなくなる時。

完全なる

医療崩壊の始まりです。

では

See you again!!

<重症化しない体をつくる記事・本

created by Rinker
¥715 (2022/10/06 04:51:57時点 Amazon調べ-詳細)
【まとめ記事】第6波を迎える前に感染・重症化しない体をつくろう!コロナ重症化リスクはメタボリックシンドロームをはじめとした生活習慣の乱れから始まります。ここで第6波に向けてこれまでの記事をまとめます。...
【そっちだったか!!】内臓脂肪型は皮下脂肪型に比べて重症化リスクが高いぞ!肥満はCOVID−19の重症化リスク!ってのはみなさんご存知だと思います。しかし、肥満にも皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。どっちが重症化リスクにつながるのでしょうか?本記事を読むことでこのことについて理解することができます。...
【重症化ハイリスク!!】肥満は体型異常じゃない!ホルモン異常なんです!みなさん、肥満はただの体型異常だとおもっていませんか。実は肥満はホルモン異常です!その結果、体型の変化として現れるのです。ホルモン異常とは具体的にインスリン抵抗性・レプチン抵抗性が高まり、このため慢性炎症と免疫力の低下を招きます。ホルモン異常を改善する最善の策は断食です。空腹時間を作ることでホルモン異常は改善し、太りにくい体質になります。少しきついですが、なれると空腹ほど最強の武器はありません。...
【やや厳し目】最速で健康な体を手に入れる方法!最速で健康な体を手に入れる方法はなんでしょうか?わたしは数ある健康法についてかなり勉強しましたが、その中でも現在最も効果的なのが「HIIT+断食」でしょう!HIIT、断食どちらも習慣化できるまで結構きついですが、即日効果がでるので短期的にも長期的にもおすすめです!健康寿命かなり伸びること間違いなし。...
created by Rinker
¥3,874 (2022/10/06 08:17:57時点 楽天市場調べ-詳細)

【日光が減る冬を迎える前に!】ビタミンDの重要性を再告知!食品からサプリメントまで!ビタミンDは免疫力向上には欠かせない重要な栄養素です。体内で合成するためには日光に当たる必要があります。しかし、これから冬にかけて日照時間が短くなり、かつ寒くなるため日光にあたる時間が激的に減少します。冬はビタミンD不足になりやすいんです。そうならないためにも今からビタミンDをしっかりと摂取するすべを覚えましょう!...
【重症患者も急増中!!】改めてビタミンDの凄さを振り返る!やはり買うことをおすすめします!コロナ感染者は右肩上がりですが、重症患者の急増しています。ぶっちゃけワクチン接種していないのは無防備すぎます。そんな時に救世主になるのがビタミンDです!コロナ重症化予防効果も期待できるスーパーマンです!改めてこいつの凄さを振り返りましょう!...
【がんも予防するのかよw】ビタミンDが万能すぎて飲まない理由がさらになくなったwビタミンDはCOVID−19の重症化予防効果があることで注目されていますが、なんとがんの死亡率低下の効果も報告されています。ここまで多数の効果があるのなら飲まない理由はもうありません。なんといっても安価です。1日数十円で健康になれるので、まだ購入していない方は是非購入しましょう!...
スポンサーリンク